MENU

ヘルシオの扉のアームが外れたのでカバーを開けて修理しました

f:id:moutakusan:20210617233734p:plain:w400




ヘルシオ(AX-XP200-R)の扉を支えているアームの片方が外れてしまい、扉のしまりが悪くなってしまいました。
念を込めてしっかり扉を閉めてからスタートボタンを押すと動いてくれるんですが、何回かに一回は温めに失敗します。困りました。

f:id:moutakusan:20210617231831p:plain
赤丸のとこのアームが外れました

ということで、今回はアームくらいなら簡単に自力で治せるだろうと思って修理してみた話です。  

※内部に高電圧部があり危険な作業となります。基本的には修理はメーカーサポート等にお願いしてください。

ヘルシオ│故障診断ナビ:シャープ



まずは背面のカバーを外していきます。
背面のカバーを外すには次の写真の青丸部のねじ8本を外します。

f:id:moutakusan:20210617232449p:plain
青丸部のねじ8か所を外す

ぱかっ。 f:id:moutakusan:20210617232725p:plain

次に両サイド下部のカバーを外します。
青丸部のねじを外して、矢印方向にスライドさせると外れました。

f:id:moutakusan:20210617233208p:plain
青丸部のねじを外して、矢印方向にスライド

次に背面の残りのねじを外し、本体を覆っているカバーを背面方向にひきながら外します。

f:id:moutakusan:20210617233527p:plain
カバーを外したところ(側面)

カバーを外して中を確認すると、外れているアームを発見。

f:id:moutakusan:20210617233734p:plain
アームが脱落している

正常に取り付けられている逆サイドのアームを参考に、取り付けなおします。

f:id:moutakusan:20210617233917p:plain
正常な逆サイドのアーム

取り付けなおした後に、安全装置として働いているスイッチがちゃんと押されるようになったか確認します。

f:id:moutakusan:20210617234219p:plain
安全装置用っぽいスイッチ三か所
写真はないですが、アーム修理前はスイッチの押しが甘いっぽかったのが、修理後はしっかり押されるようになっていました。

最後にいったんカバーを取り付け、正常に動くことを確認します。 f:id:moutakusan:20210617234534p:plain
正常に動くことが確認出来たら、分解と逆の順序で組み立てなおして完了です。


今回はこれで終わります。

おしまい。