MENU

SFCコントローラー USBゲームパッド化基板

f:id:moutakusan:20211226232725j:plain もう一度 思い出のSFCコントローラーで遊びましょう。

製品概要

スーパーファミコン(SFC)コントローラーをUSBゲームパッドに改造するための基板です。
この基板を使えば、SFCコントローラーでレトロゲームをプレイできることはもちろん、Steam上で配信されている最新のゲームもプレイすることができます。

改造に必要な工具は精密ドライバー1本のみです。

ファームウェアはオープンソース化されており、ソースコードを編集することでマクロや連射機能などの実装も可能です。

製品特徴

  • SFCコントローラーをUSB ゲームパッドに改造できます。
  • ボタン部分は金メッキ処理を施しており、耐久性があります。
  • Selectボタン長押しにより十字キーの機能割り当てを切り替えできます。
  • Startボタン長押しによりB, X, Y, L, Rボタンの機能割り当てを切り替えできます。
  • 製品のファームウェアはオープンソース化されており、ソースコードを編集可能です。
    • 製品にはUSB Bootloaderを搭載しており、ファームウェアの書き込みはUSB経由で行えます。

※ 本製品のUSB VID, PIDはMicrochip社とのサブライセンス契約に基づき取得したものを使用しています。そのため、本製品のプログラム内に含まれているVID, PIDを第三者が商用利用することは禁じられています。

動作確認済OS

  • Windows10
  • Raspberry PI 3
    • Raspberry Pi OS
    • Recalbox for RASPBERRY PI 3
    • RetroPi 4.7.1 for RASPBERRY PI 2/3
  • Raspberry PI 4
    • Raspberry Pi OS
    • Recalbox for RASPBERRY PI 4/400
    • RetroPi 4.7.1 for RASPBERRY PI 4/400

改造手順

中身の基板を本製品と入れ替えるだけです。
必要なものは精密ドライバー1本です。

① SFCコントローラー裏面の5か所のねじをすべて外します。
f:id:moutakusan:20211226133643p:plain

② ふたを開けます。
f:id:moutakusan:20211226154916j:plain

③ 内部の基板を取り外します。このときに可能なら、エタノールをしみこませた綿棒などでボタン部分を拭くといいです。
f:id:moutakusan:20211226155052j:plain

④ USBゲームパッド化基板を取り付けます。
f:id:moutakusan:20211226155201j:plain

⑤ ふたを閉め、ねじをすべて留め、完成です。
f:id:moutakusan:20211226212607j:plain

動作確認

Windows10とRaspberry PIでの動作確認の方法を紹介します。

Windows10での動作確認方法

Windows10での動作確認にはWindows標準のゲームコントローラー設定機能を使用します。

① ゲームパッドをUSB接続する。
② コントロール パネル → ハードウェアとサウンド → デバイスとプリンター に移動し、SFC Gamepadが表示されていることを確認する。
③ SFC Gamepadを右クリックし、 "ゲームコントローラーの設定"をクリックする。
f:id:moutakusan:20211221224817p:plain
④ 設定画面が表示されるので、"プロパティ"ボタンをクリックする。
f:id:moutakusan:20211221224905p:plain
⑤ ボタンのテスト画面が表示されるので、ここでゲームパッドの動作確認を行う。
f:id:moutakusan:20211221225036p:plain

Raspberry PI (Raspberry PI OS)での動作確認方法

ラズパイでUSBゲームパッドを動作させるにはjoystickをインストールします。
terminalで次のコマンドを実行してください。

sudo apt install joystick

動作確認にはjstest-gtkが便利です。
terminalで次のコマンドを実行してください。

sudo apt install jstest-gtk

jstset-gtkはスタートメニュー→システムツール→jstest-gtkから起動できます。
USBゲームパッドをラズパイに挿入して動作確認を行ってください。 f:id:moutakusan:20211226202717p:plain

Start, Select長押しによる割り当てキー変更機能について

本製品には、Selectボタン・Startボタンを長押しすることで各ボタンの機能を切り替えることができます。

Selectボタン長押しによる十字キー変更機能

Selectボタンを3秒以上長押しすることにより、十字キーの機能をアナログジョイスティックモード、ハットスイッチモード、Z軸/Z回転モードに切り替えることができます。
f:id:moutakusan:20211226211837g:plain

Startボタン長押しによる割り当てキー変更機能

Startボタンを3秒以上長押しすることにより、B, X, Y, L, Rボタンの割り当てキーを変更することができます。
f:id:moutakusan:20211226211618g:plain

デモ集

f:id:moutakusan:20220109152413g:plain

f:id:moutakusan:20211226235120g:plain

f:id:moutakusan:20211226235230g:plain

f:id:moutakusan:20211226235311g:plain

ファームウェアについて

ファームウェアについてはGithubをご覧ください。

github.com

製品設計の詳細

製品の設計に関するより詳しい説明はこちらのページをご覧ください。

geekyfab.com